研修旅行 2007年度 釜山・慶州 社長のコラム

釜山・慶州研修旅行 (平成19年11月16日~18日)

韓国・釜山

 平成19年11月16日より韓国釜山・慶州へ社員研修旅行に行ってきた。12時50分に関西空港を立ち、 1時間30分で釜山空港に到着し、今回も女性のガイド、林(イム)さんと対面した後、龍頭山公園釜山タワーチャガルチ市場国際市場を見学し、夕食は定番のカルビ1.5人前チヂミでほぼ満足。台北の圓山大飯店に似たコモドホテルにチェックインした後は、ロッテのカジノでギャンブラー。大負けしてホテルに帰って近所のラーメン屋で夜食。「ラーメン」「うどん」と提灯に書いてあったがラーメンはインスタントであった。

 2日目は慶州観光に出発。「世界遺産」仏国寺を見学した後、大変高名な先生(ガイドの説明による)の窯元へ行って見学し、高価なお猪口を買わされて、昼食は普門リゾートでビビンバチヂミ。その後、国立慶州博物館を見学後、またまたヒスイの専門店へ(買わされなくて良かった)。慶州は桜並木が永遠と続いていて、ぜひ桜の季節に又来てくださいとPR。釜山に帰った後は開発著しい海雲台へ。免税店で買い物した後、釜山アクアリウム(水族館)射撃に分かれ、当然私は一人でパラダイスのカジノへ。このカジノでは信じられないと言うか、博打に向いてないのかルーレットで20回位連続敗退。それも赤と黒で。夕食は海鮮鍋を食べ、ホテルに帰った後は、自由行動。ホテルで酒盛りする者、国際通りを散策する者といろいろ。もちろん私は定番のサウナとアカスリ・マッサージで旅の疲れを癒したあと、再び皆と合流して昨夜のラーメン屋の上の焼肉屋でプルコギの夜食。これは安かったし、美味かったな。

 3日目は早々に、韓国での定番である帰国前のキムチ屋に寄って11時の大韓航空で帰国。夕方に全員無事に会社に帰ってきた。今回は航空機の都合で非常に慌ただしい旅行となったが観光と食事、ナイトライフともどもまあまあではないか。ただ社員からは、韓国は当分結構と言う意見が多い。ガイドの林さんによると日本人のおばさんの観光客が減って仕事がなくなってきたので月給より日給になったと嘆いていた。生き残りとして日本語ガイドの資格をとり韓国人を日本に連れて行くと言っていたな。ちょうど帰国する日が発表で合格したと喜んでいた。今頃日本のどこかでガイドしているのかな。

外山 邦夫

仏国寺

ページトップへ