四国IT農援隊

四国IT農援隊

「四国IT農援隊」とは

インターネット上の四国IT農援隊ポータルサイトを中心として、

  • 営農者皆様同士・営農指導者皆様同士のコミュニケーションの場の提供(営農情報交換・営農指導)
  • 営農者の皆様が営農実績を積極的にアピールすることができる簡易ホームページの作成(情報発信)
  • 営農者の皆様に営農技術、営農資材、営農経営、営農IT導入、営農流通サービスを提供(選択肢増加)
  • 営農者の皆様と応援したい志の農援隊メンバーとの出会いを作る(営農者・ベンダーマッチング)

など、ITを活用した営農支援を行う取り組みです。

事業目的

農業産業化の前提となる農地の規模拡大に伴う作業効率向上、6次産業化などによる商品開発及び販路開拓などの課題に対し、ITによるソリューション提供を通じて農業における企業的経営(=経営の見える化・生産の見える化・顧客の見える化)を推進し、四国地域らしい農業の産業化に結びつけることを目的とします。

事業内容

地域新成長産業群創出
基盤形成事業
(1)IT農援隊会議   (2)システム研究運営会議
(3)セミナー開催    (4)ニーズ調査
(5)先進事例視察
ビジネスマッチング事業 (6)営農者・ベンダーマッチング
先導的・試行的事業 (7)ポータルサイト構築

事業取り組みの思い

営農から四国を元気にします!

  • 営農を本当の意味のビジネス(営農を企業とする)にする
  • 衰退産業の受け皿にする
  • 高校生の就職先を多くしたい
  • 家族で働ける営農で、絆のある家庭を取り戻す
  • 四国内を食料自給率100%する
  • 子供を多く、安心して育てられる社会にする

営農者の置かれた現状

  • 営農情報がデーター化及び可視化されていない
  • 営農者が自ら6次産業化(生産・加工・販売)する情報が少ない
  • 営農情報が一般公開されていないので新規参入が難しい
  • 営農者が幅広く営農情報を交流する場がない
  • 営農者自らが販売するチャネルが少ない
  • 営農の労務管理(作業効率化)が進んでいない
  • 個別営農者が生産物や思いをアピールする場がない
  • 営農指導員の経験不足と要員不足
  • 営農機材、種苗、農薬、飼料、肥料、機械の購入先選択肢が少ない

など、たくさんの問題点をかかえているのが現状です。

四国IT農援隊の出番です

これらの問題点を解決できるよう、私達がITを駆使してお手伝いします!
IT革命を営農にも起こします!

  • 四国IT農援隊イメージ

まずは、四国IT農援隊ポータルサイトにご登録ください。

四国IT農援隊ポータルサイト
http://www.nouentai.jp/

ページトップへ